Webプログラマ志望ならjavaが必須

プログラマにとって、学んでおくべきプログラミング言語は数え上げ始めるときりがないかもしれません。システム開発に携わる場合には、あらゆるプログラミング言語の特性を理解しておき、開発すべきシステムに応じて最適な言語を選んで開発を行わなくてはなりません。そのため、プログラミング言語を学んでいることよりもアルゴリズム等の理解が重要となります。しかし、もっと具体的な開発に携わるためにはある種の言語を理解していると有利になる場合があります。

最近のトレンドであるWebをベースにした開発に携わりたいと考えている場合には、ブラウザ上で動作するプログラミング言語を習得して使いこなせるようになっておくことが有利です。以前はphpに人気が高く、需要も高かったという状況がありましたが、時代の変遷によりjavaの需要が高まってきています。phpに比べると高度な言語である分、汎用性も高く、基本的なWebプログラミングからクラウドシステムでの応用、アプリ開発など様々な場面で有用になるのがjavaです。

しばしば求人においてもjavaでの開発経験を要求する案件もあり、Web開発等に関わっていくことを考えるのであればこれから学ぶべきプログラミング言語になっていると言えるでしょう。そのアップデートも早いことから最新の技術を追っていくことも大変になりますが、仕事の豊富さや汎用性において比類ないスキルとなることは間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です